鳴門市 交通事故治療情報 - 鳴門市むちうち交通事故治療「くろーばーはりきゅう整骨院」

HOME > 鳴門市 交通事故治療情報

自動車の追突事故による「頸椎捻挫」

2014年06月15日 [記事URL]

自動車の追突事故による「頸椎捻挫」

首がむちのようにしなることによって重い頭部が振られるために起こる頸椎の関節の損傷を「頸椎捻挫」といいます。
自動車の追突事故で起こりやすい損傷で、一般的に「むち打ち」と呼ばれています。

自動車の追突事故の場合には、自動車に乗っている人の体は進行方向に移動しますが、頭は元の位置に留まろうとするために、首が「く」の字型にしなってしまいます。
また、その反動により頭は前方に振られて首は「く」の字とは反対方向にしなってしまい頸椎が損傷するのです。
ちなみに、正面衝突の場合は胸にあごがぶつかりますし、側面衝突の場合は肩に耳の部分がぶつかるので、首のしなりが小さくて追突事故と比較して頸椎の損傷は起こりにくいのです。

「頸椎捻挫」を起こすような事故に遭遇しても、何の症状も感じない人もいて、症状を感じるか感じないかは人それぞれで違うようです。
ただ、受傷直後に症状を感じない場合でも、数時間後から翌日ごろに症状が現われてくることがあるので注意しなくてはなりません。

最も多くみられる症状としては、項部やうなじの痛み・熱感、頭重や肩こりなどです。
その他にも、首の痛みやこわばり、首や肩が動かせない、背中の痛み、腕の痛みやしびれ、頭痛・めまい・耳鳴り・腰痛などの症状を感じるケースもあります。

「頸椎捻挫」は症状の違いなどから、捻挫型・神経根型・脊髄型・バレリーウー型の4つに分類することができます。
捻挫型は最も多いタイプで、首や肩が痛くて動かしにくくなるなど、寝ちがいや肩こりに似た症状が起こるタイプで、神経根型は首の痛みや上肢の知覚異常が主な症状となるタイプです。
脊髄型は、下肢(特に脚)のしびれや知覚異常など下肢の症状が目立つタイプで脊髄が損傷されたために起こる症状ですし、バレリーウー型は後頭部やうなじの痛みと共に、めまい・耳鳴り・顔や腕の知覚異常・声がれなどの症状を伴うタイプです。

いずれのタイプも辛い症状が起こってしまうので、何の症状がなくても事故に遭遇した直後は必ず病院で診察・検査をしましょう。



「むち打ち」で本当に怖いことは

2014年05月15日 [記事URL]

「むち打ち」で本当に怖いことは

自動車と自動車、自動車と人間、自動車とバイク、バイクと人間の間で発生する追突事故やちょっとした接触事故など、交通事故により心身に受ける影響は想像以上に大きいものです。
事故による体への異常が全くなくても、精神的恐怖体験がトラウマになってしまい、その精神的な要因で様々な症状が引き起こされてしまうケースもあります。
また、事故後に病院で検査した時には「まったく異常は見られません」と言われたのに、何らかの不調を感じてしまうケースもあります。
さらに、事故後は特に体の不調を感じることなく平穏に生活していても不意に表れる後遺症など、様々な面で心身に受ける影響が大きいことが交通事故の恐ろしい部分です。

その中でも、最も頻度の高い後遺症と言えるのが「むち打ち」で、事故直後は症状が出ていなくても、数日経過してから徐々に痛み出す可能性も多く、えたいの知れない恐怖に悩まされてしまう確率が高いです。
もちろん交通事故以外にも、スポーツをしている時に激しく衝突して「もむち打ち」になることもありますが、やはり交通事故により起こることの方が多いです。

軽度な症状の場合なら、ある程度の治療期間正しい治療を受ければ治ります。
しかし、治療の経過が思わしくない場合や、重度の症状の場合には、慢性化する恐れもあって、一生悩まされることになってしまう可能性も考えられます。

また、慢性化を発症してしまうと辛い痛みが起きてしまい、時には鈍痛でなく鋭痛に見舞われることも少なくありません。
ですから、どんな病気にも言えることですが、慢性化を防ぐためにも早い段階で適切な処置をする必要があります。

実は、「むち打ち」で本当に怖いことは、処置が遅れて慢性化し持病になってしまい、一生痛みに怯えながら生活しなければならないことです。
交通事故だけでなく首や腰に強い衝撃を受けた場合には、何らかの違和感がなくても病院や整骨院など専門家の診察や検査を受けるべきでしょう。
「早い段階での適切な処置が大事」と言うことを認識しておきましょう。



「交通事故の種類」と事故による症状

2014年04月15日 [記事URL]

「交通事故の種類」と事故による症状

現代社会の暮らしでは、自動車は切っても切れない存在で生活の一部といっても過言ではないでしょう。
そのような社会で暮らしているのですから交通事故に遭遇してしまう確率は高くて、一歩間違えれば「被害者」にも「加害者」にも成り得るのです。

交通事故の種類としては、物を壊すのみでケガ人を出さない事故の「物損事故」と、ケガ人を出してしまった事故の「人身事故」に大きく分類することができます。
ただ物損事故の場合であっても、雪でスリップしガードレールに衝突してガードレールを壊すと共に、自分自身が「むち打ち」などのケガをすることも考えられるので軽く考えことはできません。
また物損事故では、動かなくなった自動車に後続の自動車が衝突するといった二次災害の危険が考えられて、追突事故に多い「むち打ち」などのケガをすることも考えられるので注意しましょう。
ですから警察が到着する前には、三角停止板や非常灯などで後続の自動車に異常事態を知らせることが大事です。

人身事故の場合は被害者が軽症ならまだ救われる部分もありますが、物損事故と違って被害者・加害者共に大きな傷跡を残す結果になってしまうことも多いです。
特に「危険運転致死傷罪」に当てはまる人身事故は、一番非道な交通事故といえます。
以前は「業務上過失傷害」が適用されていて最長でも5年の懲役刑でしたが、現在では最長で20年の懲役刑に改正されていることを認識しておきましょう。
また、単に懲役刑が重くなったと考えるのではなく、人身事故がどれほど重大なことなのかを意識することが大切です。

ただ、いくら安全運転を心がけていても交通事故の種類といえる「物損事故」や「人身事故」に遭遇してしまう可能性があります。
ですから、もし事故に遭遇した場合は、その時は何ともなくても必ず病院で診察を受けましょう。
数日してから「むち打ち」などの症状が現れてくることも考えられるので、「交通事故に遭遇したら必ず病院で診察を受ける」ということは認識しておきましょう。




《 前 1  2  3  4 


交通事故治療に関する無料相談・お問合せはこちら

交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。

電話: 088-671-3475
メールでの問い合わせ

くろーばーはりきゅう整骨院へのお電話はこちら
【電話番号】088-671-3475
【受付時間】午前 8:30~13:00 午後 15:00~19:30
【営業時間】午前 8:30~13:00 (月~土曜まで)
午後 15:00~19:30 (月~金曜まで)
【定休日】日曜祝祭日・土曜日の午後

PageTop



鳴門市むちうち交通事故治療 「くろーばーはりきゅう整骨院」
  • 住所 : 〒772-0012
    徳島県鳴門市撫養町小桑島字前浜181-3
  • 電話 : 088-671-3475
  • 受付時間 :
     午前 8:30~13:00
     午後 15:00~19:30
  • 定休日 :
    日曜祝祭日・土曜日午後