むち打ち症の治療で使用される「ネックカラー」 - 鳴門市むちうち交通事故治療「くろーばーはりきゅう整骨院」

HOME > 鳴門市 交通事故治療情報 > むち打ち症の治療で使用される「ネックカラー」

むち打ち症の治療で使用される「ネックカラー」

2014年11月14日

むち打ち症の治療で使用される「ネックカラー」

交通事故に遭遇すると普段の生活では決して経験することのない強い衝撃を全身に受けてしまいます。
そして、その衝撃を一番強く受けてしまうのが首で、交通事故により「頸椎捻挫(むち打ち症)」を発症する方が多くいます。
ちなみに、「頸椎捻挫」のことを通称で「むち打ち症」と呼ぶのは、強い衝撃を受けた時に首がむちを打つように前後に動くからです。

万が一、交通事故などに遭遇した場合は、まず首を動かして痛みをチェックしてみましょう。
もし、痛みを感じるようなら「むち打ち症」の可能性も考えられるので、首の固定をしっかり行って安静を保つことを心がけましょう。

本来なら「むち打ち症」の治療で使用される医療器具の「ネックカラー」を用いて、首を固定させることが一番の処方になりますが、事故直後は「ネックカラー」がありませんからそれは無理です。
ですから、その代わりとしてタオルなどを細くたたんで、首に少し強くグルグル巻きにする方法で対処すると良いでしょう。
何といっても「むち打ち症は首を固定させることが重要」ということを理解して、応急的な処置をするようにしましょう。

病院や治療院を受診すれば症状にあった「ネックカラー」が利用できます。
軽度のむち打ち症や寝返りによる首の痛みを緩和するのならソフトタイプです。
中度・重度のむち打ち症のならきちんと固定可能なハードタイプで、このタイプは首周りや首の高さを調節して首に固定するので装着感が高いです。

また、通気性に富んだタイプやメッシュタイプなど何種類かありますし、取り扱いは簡単でマジックテープを脱着するだけなので誰にでも難なく取り扱いできます。
ですから、首の痛みを緩和するためにも、また早期完治を目指す第一歩とするためにも、首の固定をしっかり行って安静を保つことが重要と考えて「ネックカラー」の使用を忘れないようにしましょう。
ちなみに、「見た目が悪い」とか、「違和感がある」「装着するのが面倒」などといって、装着しないことだけは絶対に避けましょう。



交通事故治療に関する無料相談・お問合せはこちら

交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。

電話: 088-671-3475
メールでの問い合わせ

くろーばーはりきゅう整骨院へのお電話はこちら
【電話番号】088-671-3475
【受付時間】午前 8:30~13:00 午後 15:00~19:30
【営業時間】午前 8:30~13:00 (月~土曜まで)
午後 15:00~19:30 (月~金曜まで)
【定休日】日曜祝祭日・土曜日の午後

PageTop



鳴門市むちうち交通事故治療 「くろーばーはりきゅう整骨院」
  • 住所 : 〒772-0012
    徳島県鳴門市撫養町小桑島字前浜181-3
  • 電話 : 088-671-3475
  • 受付時間 :
     午前 8:30~13:00
     午後 15:00~19:30
  • 定休日 :
    日曜祝祭日・土曜日午後