「むち打ち」で本当に怖いことは - 鳴門市むちうち交通事故治療「くろーばーはりきゅう整骨院」

HOME > 鳴門市 交通事故治療情報 > 「むち打ち」で本当に怖いことは

「むち打ち」で本当に怖いことは

2014年05月15日

「むち打ち」で本当に怖いことは

自動車と自動車、自動車と人間、自動車とバイク、バイクと人間の間で発生する追突事故やちょっとした接触事故など、交通事故により心身に受ける影響は想像以上に大きいものです。
事故による体への異常が全くなくても、精神的恐怖体験がトラウマになってしまい、その精神的な要因で様々な症状が引き起こされてしまうケースもあります。
また、事故後に病院で検査した時には「まったく異常は見られません」と言われたのに、何らかの不調を感じてしまうケースもあります。
さらに、事故後は特に体の不調を感じることなく平穏に生活していても不意に表れる後遺症など、様々な面で心身に受ける影響が大きいことが交通事故の恐ろしい部分です。

その中でも、最も頻度の高い後遺症と言えるのが「むち打ち」で、事故直後は症状が出ていなくても、数日経過してから徐々に痛み出す可能性も多く、えたいの知れない恐怖に悩まされてしまう確率が高いです。
もちろん交通事故以外にも、スポーツをしている時に激しく衝突して「もむち打ち」になることもありますが、やはり交通事故により起こることの方が多いです。

軽度な症状の場合なら、ある程度の治療期間正しい治療を受ければ治ります。
しかし、治療の経過が思わしくない場合や、重度の症状の場合には、慢性化する恐れもあって、一生悩まされることになってしまう可能性も考えられます。

また、慢性化を発症してしまうと辛い痛みが起きてしまい、時には鈍痛でなく鋭痛に見舞われることも少なくありません。
ですから、どんな病気にも言えることですが、慢性化を防ぐためにも早い段階で適切な処置をする必要があります。

実は、「むち打ち」で本当に怖いことは、処置が遅れて慢性化し持病になってしまい、一生痛みに怯えながら生活しなければならないことです。
交通事故だけでなく首や腰に強い衝撃を受けた場合には、何らかの違和感がなくても病院や整骨院など専門家の診察や検査を受けるべきでしょう。
「早い段階での適切な処置が大事」と言うことを認識しておきましょう。



交通事故治療に関する無料相談・お問合せはこちら

交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。

電話: 088-671-3475
メールでの問い合わせ

くろーばーはりきゅう整骨院へのお電話はこちら
【電話番号】088-671-3475
【受付時間】午前 8:30~13:00 午後 15:00~19:30
【営業時間】午前 8:30~13:00 (月~土曜まで)
午後 15:00~19:30 (月~金曜まで)
【定休日】日曜祝祭日・土曜日の午後
カテゴリ内の前の記事


PageTop



鳴門市むちうち交通事故治療 「くろーばーはりきゅう整骨院」
  • 住所 : 〒772-0012
    徳島県鳴門市撫養町小桑島字前浜181-3
  • 電話 : 088-671-3475
  • 受付時間 :
     午前 8:30~13:00
     午後 15:00~19:30
  • 定休日 :
    日曜祝祭日・土曜日午後