鳴門市 脳脊髄液減少症 - 鳴門市むちうち交通事故治療「くろーばーはりきゅう整骨院」

HOME > 鳴門市 交通事故治療情報 > 鳴門市 脳脊髄液減少症

鳴門市 脳脊髄液減少症

2017年02月03日

交通事故などで起こるむちうちの症状は?

交通事故や激しいスポーツにおける偶発事故によって頸部にもたらされる衝撃エネルギーで、頸椎の靭帯・椎間板・関節包・頸部の筋肉や筋膜を損傷することで起こるのが「むちうち」です。
追突事故などでムチのように頸椎が前後にしなることで起こる損傷なので、俗称として一般的にむちうちと呼ばれていますが正式な病名でありません。
正式な病名は外傷性頸部症候群で、その他頸椎捻挫・頸椎挫傷などと呼ばれることもあります。
ちなみに、以前は四肢の知覚や運動障害を生じる脊髄症型も外傷性頸部症候群に含まれていましたが、現在では外傷性頸部症候群には含まれていません。

外傷性頸部症候群の症状は、交通事故など衝撃があった時には現れずに、翌日になってから首筋・背中・肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などが現れることがあります。
全体の約5分の1は事故後12時間またはそれ以降に頸部痛などが現れるといった報告も実際にあります。
また、首や背中の不快感・違和感がその後周期的に現れて数年から数十年に及ぶケースもあると言われています。

外傷性頸部症候群の症状は、首を痛めた場合でもタイプによって違いがあって分けられます。
頚椎捻挫型では肩が重い・首の筋肉の痛み、自律神経障害型では肩こり・頭痛・吐き気・耳鳴り、神経根損傷型では腕の強い痛み、脊髄損傷型では手足のまひに分けられます。
また、首の痛み以外にも首周囲に密集した自律神経のバランスが崩れることで、様々な症状が起こりますし、繰り返されて悪循環に陥ってしまうケースも少なくありません。
それから場合によっては、知覚障害やしびれと言った神経障害・耳鳴りや聴力低下と言った聴覚障害・嚥下障害や発語困難と言った耳鼻咽喉科的障害が起こることもあります。
回転性めまいや非回転性めまいと言った平衡障害・咬合障害や顎関節痛と言った歯科領域の障害・不安神経症や注意力散漫と言った神経心理学的障害なども現れるケースがあるのです。

むちうちとは別に、事故などの衝撃で脊椎を損傷すると脳脊髄液が漏れ出てしまい脳脊髄液減少症になることもあります。
頭蓋骨の中には脳はデリケートなので脳の周りは脳脊髄液という液体で満たされていて液体の浮力により浮いている状態にあります。
しかし、脳から脊髄にもつながっていることから事故などで脊椎を損傷すると脳脊髄液が漏れ出てしまうことがあります。
その結果、脳の浮力が失われてしまい本来は脳にかかることのない力が加わることで、頭痛や様々な全身の異常に悩まされることになります。

このように交通事故などで頸椎に強い衝撃を受けると、目に見えるケガがなくても体に様々な異常が現れることがあるのです。
小さな事故だからとか、どこもいたくないからとか、ケガをしていないから大丈夫とか安易に考えるのではなく、事故に遭ったら必ず病院を受診して検査してもらうことが大事です。
また、その後は病状によって病院の治療以外にも整骨院での治療が受けられるので、医師と相談して併用するのも可能です。

鳴門市 脳脊髄液減少症なら、「くろーばーはりきゅう整骨院」にお任せください。



交通事故治療に関する無料相談・お問合せはこちら

交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。

電話: 088-671-3475
メールでの問い合わせ

くろーばーはりきゅう整骨院へのお電話はこちら
【電話番号】088-671-3475
【受付時間】午前 8:30~13:00 午後 15:00~19:30
【営業時間】午前 8:30~13:00 (月~土曜まで)
午後 15:00~19:30 (月~金曜まで)
【定休日】日曜祝祭日・土曜日の午後

PageTop



鳴門市むちうち交通事故治療 「くろーばーはりきゅう整骨院」
  • 住所 : 〒772-0012
    徳島県鳴門市撫養町小桑島字前浜181-3
  • 電話 : 088-671-3475
  • 受付時間 :
     午前 8:30~13:00
     午後 15:00~19:30
  • 定休日 :
    日曜祝祭日・土曜日午後