鳴門市 頚椎捻挫 - 鳴門市むちうち交通事故治療「くろーばーはりきゅう整骨院」

HOME > 鳴門市 交通事故治療情報 > 鳴門市 頚椎捻挫

鳴門市 頚椎捻挫

2017年01月06日

原因や症状でむちうちの分類や呼称がある

seitaishi_man.png

主に自動車の追突や衝突、急停車などで首がムチのようにしなることで起こる様々な症状を総称してむちうちと言います。
むちうちは、原因により様々な症状が現れるものですが、原因や症状によっていくつかに分類することが可能です。
正式な分類法と定められているわけではないですが、むちうちの分類について知っておくと役立ちます。

sick_muchiuchi.png

むちうちの分類のひとつは頚椎捻挫で交通事故のむちうちの7割から8割を占めています。
首に強い衝撃を受けることで首の筋肉やじん帯・関節包が損傷してしまうことで、動かすと痛みを感じたり動かず範囲が狭くなったりします。
また頸椎の捻挫が要因で肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。
頸椎の捻挫は軽い症状だからといって放置していると、悪化することがありますし治癒に時間が掛かってしまうことも多いです。

筋肉やじん帯などの軟体組織が交通事故などの衝撃で捻れたり引き伸ばされてしまったりするのが頚椎捻転で、軽いむちうちと言われ頚椎捻挫の一種です。
ただ頚椎捻転の場合は元の状態に戻って炎症だけが残った状態なので、事故直後に適切な治療を行えば後遺障害を引き起こすことは稀です。

7つの骨が積み重なっている頸椎が交通事故などの強い衝撃を受けたことで骨がずれて、骨の中の神経が圧迫されたり引き伸ばされたり神経がダメージを受けるのが神経根障害です。
その結果神経伝達が阻害されてしまうことにより手足に痺れを感じたり、筋力が低下したりする症状が引き起こされます。
症状を放置していると治ることもありませんし、症状が悪化してしまう可能性が高いです。

sick_straight_neck.png

神経根障害と類似していますが、交感神経がダメージを受けた場合にはバレリュー症候群と診断されます。
交感神経は自分の意思でコントロールできない血液や分泌液の管理、生きていくために必要な機能を管理している神経です。
その為、交感神経がダメージを受けると頭痛やめまい以外にも、耳鳴り・難聴・不眠・全身の倦怠感など全身に様々な異常が起こってしまいます。

直接的に首の神経や軟体組織がダメージを受けるのではなくて、交通事故などの衝撃で脳脊髄液を包んでいる膜が破れ脳脊髄液が漏れてしまうのが脳脊髄液減少症です。
とてもデリケートな臓器の脳ですから外からの衝撃を軽減するために脳脊髄液と呼ばれる液体の中に浮いています。
しかし、脳脊髄液が漏れてしまうと脳全体が沈んでしまい脳に負担がかかります。
それにより激しい頭痛やめまいといった症状が起こりますし、その他にも睡眠障害や全身の倦怠感などの異常が発生してしまいます。

ただ交通事故の場合には首の筋肉や神経に異常があることで、これらの症状が引き起こされていると診断されてしまうことが多いです。
その為に脳脊髄液減少症が原因と判断することが遅くなることがありますし、治療に手間と時間がかかります。
交通事故によるむちうちの症状が治療を続けてもあまり改善されない場合には、症状固定と判断される前に必ず脳脊髄液減少症の疑いがないか検査することも大事です。
このように原因や症状でむちうちの分類ができるのです。

my best.jpg

鳴門市 頚椎捻挫なら、「くろーばーはりきゅう整骨院」にお任せください。



交通事故治療に関する無料相談・お問合せはこちら

交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。

電話: 088-671-3475
メールでの問い合わせ

くろーばーはりきゅう整骨院へのお電話はこちら
【電話番号】088-671-3475
【受付時間】午前 8:30~13:00 午後 15:00~19:30
【営業時間】午前 8:30~13:00 (月~土曜まで)
午後 15:00~19:30 (月~金曜まで)
【定休日】日曜祝祭日・土曜日の午後
カテゴリ内の次の記事


PageTop



鳴門市むちうち交通事故治療 「くろーばーはりきゅう整骨院」
  • 住所 : 〒772-0012
    徳島県鳴門市撫養町小桑島字前浜181-3
  • 電話 : 088-671-3475
  • 受付時間 :
     午前 8:30~13:00
     午後 15:00~19:30
  • 定休日 :
    日曜祝祭日・土曜日午後