鳴門市 むちうちを防ぐ - 鳴門市むちうち交通事故治療「くろーばーはりきゅう整骨院」

HOME > 鳴門市 交通事故治療情報 > 鳴門市 むちうちを防ぐ

鳴門市 むちうちを防ぐ

2016年04月14日

防ぐ対策はなかなか難しい「むちうち」ですが

交通事故など突然のアクシデントにより強い衝撃を受けることで起こる「むちうち」なので、それを防ぐ対策はなかなか難しいものです。
例えば、自動車を運転する人が安全運転を心がけてどんなに気をつけて運転していても、相手から突然に衝突される事故では防ぎきれないです。
このように考えると、予防というのに関しては適していないものと言えるのかも知れません。

しかし最近は、交通事故による衝撃で起こるむちうちを防ぐためのシートが導入されている車も登場しています。
その仕組みは、ヘッドレストの下部に重りがあって、追突時などにより重りに対して後ろ向きの力がかかると、ヘッドレストがテコの原理で前にせり出すようになっていて頭部が後ろにのけぞるのを防いでくれるのです。
その他にも、衝突時にシートバック自体が後ろに倒れて衝撃を緩和する方式、シートバックにかかった体重でヘッドレストを押し出すSAABのような方式などもあります。

追突時に身構えているとむちうちの発生をある程度防止できると言われています。
しかし、その為に筋肉を収縮させて背骨全体を棒のように固定した状態で常に運転することは難しいです。
そこで、できる限り事故を起こさないように、そして事故が起きても衝撃を緩和する対策をしておくことも大切です。
その為には、運転中は車間距離を十分に取る必要があって、前の車との車間距離は最低3秒で進む距離を確保することが必要とされています。

シートベルトの着用することは大事ですが、何よりも正しく装着しなければ意味がありません。
腰部のベルトは骨盤の上にぴったりと着用して、斜めに支えるベルトは肩と首の中ほどの位置になるよう肩の部分の高さを調節することです。
それからシートベルトはできる限りぴったりと締めるように心がけることも大事です。
ヘッドレストは目の高さから垂直に約7cm高くなければいけないと言われていますし、頭とヘッドレストとの距離を近づけることも重要です。
ちなみにヘッドレストは頸部の損傷を引き起こす危険性を15%~25%減少すると言われているのです。
このようなことを運転前に確認しておくことで、ある程度の予防につながります。

ただ、先にも触れたように突然のアクシデントにより起こるものなので、予防と言うよりも事故後の処理をどのようするかがむちうちの対策につながります。
交通事故に遭遇したら自覚症状の有無に関わらず、できるだけ早く病院で検査・治療を受けることで、この初期対応が後々の回復時間などに大きな影響を与えます。
事故直後に何の自覚症状がないからといって自己判断で処理することだけは絶対に避けるべきです。

それから回復を遅くしたいための対策としては、自律神経の働きに悪影響を及ぼしやすくなるので、睡眠不足・不規則な食生活・ストレスを溜めるなどを避けることです。
また、ある程度症状が落ち着いてきたら、筋肉の柔軟性低下や筋力の低下を改善するために、生活の中で軽運動を積極的に取り入れることです。
それから過度に筋肉や関節に負担をかける姿勢も良くないので、長時間同一姿勢で作業する場合には休息を取ること大切です。

鳴門市 むちうちを防ぐなら、「くろーばーはりきゅう整骨院」にお任せください。



交通事故治療に関する無料相談・お問合せはこちら

交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。

電話: 088-671-3475
メールでの問い合わせ

くろーばーはりきゅう整骨院へのお電話はこちら
【電話番号】088-671-3475
【受付時間】午前 8:30~13:00 午後 15:00~19:30
【営業時間】午前 8:30~13:00 (月~土曜まで)
午後 15:00~19:30 (月~金曜まで)
【定休日】日曜祝祭日・土曜日の午後

PageTop



鳴門市むちうち交通事故治療 「くろーばーはりきゅう整骨院」
  • 住所 : 〒772-0012
    徳島県鳴門市撫養町小桑島字前浜181-3
  • 電話 : 088-671-3475
  • 受付時間 :
     午前 8:30~13:00
     午後 15:00~19:30
  • 定休日 :
    日曜祝祭日・土曜日午後