鳴門市 むちうちの病院 - 鳴門市むちうち交通事故治療「くろーばーはりきゅう整骨院」

HOME > 鳴門市 交通事故治療情報 > 鳴門市 むちうちの病院

鳴門市 むちうちの病院

2016年03月03日

むちうちの病院や整骨院の治療法

むちうちの治療法の第一歩は病院を受診して検査を受けることで、交通事故に遭遇した場合には自覚症状の有無にかかわらず病院で診療をうけるのが基本です。
病院では基本的にレントゲン・MRI・CTなど画像による検査を実施して以上の有無を確認します。
しかし正式な名称が頸椎捻挫というように、筋肉や神経など画像検査では異常が見つかりにくい損傷なので、医師も診断に苦労することが多いです。
ただ単なる捻挫ではなく神経や脳髄膜などにダメージを負っている可能性もあるので、自覚症状がある場合は後遺障害を残さないためにも医師に異常を訴えて念入りに検査をしてもらうことです。

病院での治療は先に触れたように頸椎捻挫なので、筋肉を湿布で冷やしたり痛み止めを投薬したりします。
また、捻挫は自然治癒を助ける治療が基本なので、治療中に首の負担を軽減するために頚椎カラーをつけるケースもあります。
その他には、骨にずれが発見された時には牽引をすることがありますし、筋肉が固まっている場合には患部を温める温熱療法なども治療法として行います。

このような病院での治療により完治する方は多いです。
しかし、先に述べたようにレントゲンなどで異常が発見しにくいことや、神経や筋肉に関係してくることから病院での治療では、なかなか症状が改善しない場合もあります。
その為に6ヶ月以上たっても症状が改善しなくて後遺障害になってしまうこともあるのです。

病院の治療で症状が改善しない場合には、整骨院などで東洋医学の手法による治療を受けるのもひとつの方法としてあります。
むちうちの症状は整骨院など東洋医学の手法が得意とする分野でもあり効果があると言われていますし、原則的に整骨院の治療に対しても自賠責保険を使用することは可能です。
ただし、その為には医師の診断書が必要になるので、医師に相談すると共に医師の承諾を得る必要があります。
それから国家資格を取得して開業している治療院でないと自賠責保険が適用されないので注意することも大切です。
また、病院から整骨院に転院したり、整骨院での治療を併用したりする場合には、保険会社への連絡も忘れないことです。
ちなみに、保険会社への報告をしないで勝手に病院から整骨院に転院すると保険金の支払いを拒否されてしまうこともあります。

整骨院におけるむちうちの治療法は、経過時期による症状の容態で内容が違います。
交通事故後1ヶ月の急性期では過度の痛みがあることも多いので、症状が落ち着くまで頸椎カラーで固定したり、患部の炎症を抑えるため冷却療法を行ったりして患部を安静に保つようにします。
この初期の対処が回復時間に大きな影響を与えると言われています。

交通事故後1~3ヶ月以内の亜急性期では、容態に合わせて筋力の回復・患部の可動性の回復などを目的に、温熱療法や物理療法など直接的な施術による治療を行います。
交通事故後3ヶ月以上の慢性期では、首や肩の痛み・頭痛・しびれと言った特定の症状に対して継続的に治療を行います。

鳴門市 むちうちの病院なら、「くろーばーはりきゅう整骨院」にお任せください。



交通事故治療に関する無料相談・お問合せはこちら

交通事故の専門ダイヤル&無料メール相談を年中無休でお受けします。


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、やり取りがスムーズになります。

電話: 088-671-3475
メールでの問い合わせ

くろーばーはりきゅう整骨院へのお電話はこちら
【電話番号】088-671-3475
【受付時間】午前 8:30~13:00 午後 15:00~19:30
【営業時間】午前 8:30~13:00 (月~土曜まで)
午後 15:00~19:30 (月~金曜まで)
【定休日】日曜祝祭日・土曜日の午後

PageTop



鳴門市むちうち交通事故治療 「くろーばーはりきゅう整骨院」
  • 住所 : 〒772-0012
    徳島県鳴門市撫養町小桑島字前浜181-3
  • 電話 : 088-671-3475
  • 受付時間 :
     午前 8:30~13:00
     午後 15:00~19:30
  • 定休日 :
    日曜祝祭日・土曜日午後